保険見直しに大切なこと|家族の笑顔を守るために

金額を考慮する

妊娠した夫婦

加入後の見直しについて

保険の相談は、生命保険に加入する時だけでなく加入後も定期的に保険見直しが必要になります。最初に保険に加入するのは就職をしてからの独身時代です。それから結婚をします。出産をして家族構成に変化が起きます。住宅を購入する、子どもが独立する、定年退職をするそのライフステージごとに保険見直しが必要です。結婚をしたら、もし妻が専業主婦で夫だけが働くことになったらもし夫に万が一のことがあった場合に、妻の生活費や住宅の家賃、住宅ローンなどの残高に応じて独身時代と比べると必要保障額が異なってくるからです。このようにライフステージや家族の状況に変化があった場合には、都度、保険見直しを行ってそのときどきにぴったり合った保険にしていきます。

支払えなくて保険を解約する

保険に加入すると家計に占める保険の割合が、一番高いといった家庭もあります。そうなると、収入は今後ずっと安定していく、または収入が上がっていくといった保障はどこにもありませんので、会社を退職することになって転職したら収入が下がってしまった、こどもの教育費などで支出が増えてしまった、そうなると保険料が支払えないから保険を解約する、解約返戻金で教育費に充てる、そうなるとまた保険に加入しようとするときには年齢や健康状態によって保険料が高くなったり加入できないケースもあります。そういった時もFPに保険見直しをしてもらうことで、手続きも代行しますし、そもそも解約するのが一番いいのかどうかも相談することができます。これは名古屋にいくつかあります。